無料ブログはココログ

最近の記事

最近のコメント

« 問3 フラッディング | トップページ | 問5: 稼働率の計算 »

2007年10月27日 (土)

問4: データ転送時間の計算

端末から400バイトの電文を送信し,ホストコンピュータが600バイトの電文を返信するトランザクション処理システムがある。
回線速度を1×10^6 ビット/秒,回線の伝送効率を80%,ホストコンピュータのトランザクション当たりの処理時間を40ミリ秒とする。
ホストコンピュータでの処理待ち時間,伝送制御のための処理時間などは無視できるとした場合,端末における電文の送信開始から受信完了までの時間は何ミリ秒か。
ここで,1バイトは8ビットであるものとする。

ア 10
イ 44
ウ 46
エ 50

答えは「続く」をクリック。
---------------------------

---------------------------
答え:  エ 50

【データ量】=((上り 端末からのデータ量 400byte)+(下り  ホストコンピュータからの返信 600byte))×8bit= 1,000byte×8bit= 8,000bit

【データ送信所要時間(転送効率無視の場合)】=(データ量 8,000bit)÷(回線速度 1×10^6 bit/秒)= 所要時間 0.008 秒

【(転送効率を反映したデータ送信所要時間】=(所要時間 0.008 秒)÷(回線の伝送効率 0.8)= 0.01 秒 = 10 ミリ秒

【通信時間+ホスト処理時間】=(データ通信所要時間 10 ミリ秒)+(ホストコンピュータのトランザクション当たりの処理時間 40ミリ秒)= 50 ミリ秒

したがって,端末における電文の送信開始から受信完了までの時間は 50 ミリ秒 となります。
ゆっくり考えれば判る問題です。
単純な計算ミスや勘違いに気をつけましょう。
(私は間違えたかも;_;)

« 問3 フラッディング | トップページ | 問5: 稼働率の計算 »

過去問スパーリング【TEセキュリティ編】H17春」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問4: データ転送時間の計算:

« 問3 フラッディング | トップページ | 問5: 稼働率の計算 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト