無料ブログはココログ

最近の記事

最近のコメント

« 問35: データ格納形式 | トップページ | 映画『ノストラダムスの大予言』【その5】1999年という設定の「1974年の渋谷」VS「2010年の渋谷」スクランブル交差点の移り変わりと公開時の日劇風景。 »

2010年9月11日 (土)

劇『木の皿』本多劇場(C12)2010.9.11(土) 加藤健一事務所 老人介護問題の話。重い現実。50年以上たっても状況は悪化しているだけだ。

老人介護問題の話。
`50年代の話であって、現代とは微妙にニュアンスが違う点もあったかもしれないが、基本的には何も変わっていない。
当時でも、手紙を出しても十数年間返事もくれない兄弟の関係とは、驚かされる。
また、施設も当時は本当にひどい扱いだったらしい。

100911_162913

しかし、現代では、核家族・少子化によって、より深刻になってきている。
今では、家族がいるだけ幸せかもしれないと。
うがった考えでは、子供たちが自分の面倒で争うくらいなら、いないほうが幸せか?

登場人物たちの深刻さに比べると、カトケンさんの老人はユーモラスで人懐こくいい人に見えてしまうのが少し疑問。
(話が重過ぎないように、故意にそうしたのだろうが)

作り方によっては、アラモ砦という名の養護施設との戦いに挑む老人の話として、こっけいにも作れるかなとも思った。

終盤に向けて、もしかしたら話がまとまりそうになる展開(伏線もあって)に、そうなってほしいような気もしながら、そんなうまくいくような安易な話にしてほしくない!とも思って、妙にハラハラどきどきしてしまった。

何より、最後のせりふが重い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1日1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m

100911_163325_2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脚本:エドマンド・モリス 演出:久世龍之介
出演:加藤健一、西山水木(LaCompagnieAn)、加藤忍、
新井康弘、土屋良太、小椋毅(モダンスイマーズ)、
山下裕子、宇都美由樹、有福正志、金尾哲夫(昴)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

« 問35: データ格納形式 | トップページ | 映画『ノストラダムスの大予言』【その5】1999年という設定の「1974年の渋谷」VS「2010年の渋谷」スクランブル交差点の移り変わりと公開時の日劇風景。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 問35: データ格納形式 | トップページ | 映画『ノストラダムスの大予言』【その5】1999年という設定の「1974年の渋谷」VS「2010年の渋谷」スクランブル交差点の移り変わりと公開時の日劇風景。 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト