無料ブログはココログ

最近の記事

最近のコメント

« DVD『スーパーロボット マッハバロン Vol.1』1974年 サイケデリックでロックなスーパーロボット!防衛隊はKISS!極彩色の作戦室!制服はパンタロン! | トップページ | 劇30-3『U-1グランプリ 宇宙船』赤坂RED/THEATER(B11)2012.5.6(日)14時千秋楽 さすがに三回観る人はいないか?楽日にやっと最後までセリフを話せた福田さん、の巻。 »

2012年6月 6日 (水)

劇29『川を越えて、森を抜けて』新宿サザンシアター(12列7)2012.5.5(土)14時 特別なことも何もない、毎日の繰り返し、家族との生活の幸福感。

劇29『川を越えて、森を抜けて』新宿サザンシアター(12列7)2012.5.5(土)14時 特別なことも何もない、毎日の繰り返し、家族との生活の幸福感。

3年ぶりの再演だそうですが、日本では3.11前と後では、意味が違ってきてしまった。

特別なことも何もない、毎日の繰り返し、家族との生活。

昔なら、そんな日常を打破することに価値を見出していたのに、
今ではそんな日常が何と幸福だったことか、失って初めて気付かされる。

両方の祖父母4人と孫1人の組み合わせも珍しいかもしれませんが、
みんなでワイワイと、日常のやり取りをしているのを観ているだけでも面白い。
特に景子おばぁちゃんは、ずっとみんながおなかすいていないか気にして、
料理をつくっているだけ(+少しダンス)なのに、なんとかわいらしいことか。

客観的に見れば、実際に毎日一緒にいたら、劇中の孫のように、
邪険に扱ってしまうかもしれませんが。

物語も、結局、都合良くうまくまとまったりせず、かといって悲観的にもならない、
リアルな結末も良かったと思います。

「テンゴ、ファミーリア」家族を養う、という加藤さん演じる祖父のセリフに、少し後ろめたい自分でした。


120505_163616


脚本 ジョウ・ディピエトロ
演出 高瀬久男
訳:小田島恒志 平川大作
出演 加藤健一、竹下景子、山本芳樹、小山萌子、一柳みる、有福正志

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 テレビブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m

« DVD『スーパーロボット マッハバロン Vol.1』1974年 サイケデリックでロックなスーパーロボット!防衛隊はKISS!極彩色の作戦室!制服はパンタロン! | トップページ | 劇30-3『U-1グランプリ 宇宙船』赤坂RED/THEATER(B11)2012.5.6(日)14時千秋楽 さすがに三回観る人はいないか?楽日にやっと最後までセリフを話せた福田さん、の巻。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『スーパーロボット マッハバロン Vol.1』1974年 サイケデリックでロックなスーパーロボット!防衛隊はKISS!極彩色の作戦室!制服はパンタロン! | トップページ | 劇30-3『U-1グランプリ 宇宙船』赤坂RED/THEATER(B11)2012.5.6(日)14時千秋楽 さすがに三回観る人はいないか?楽日にやっと最後までセリフを話せた福田さん、の巻。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト