無料ブログはココログ

最近の記事

最近のコメント

« ポスター『編集手帳 読売新聞』東京メトロ駅構内 2012.05.17.撮影 | トップページ | 劇55『三谷版 櫻の園』PARCO劇場(K4)2012.7.8(日)14時 »

2012年8月24日 (金)

劇53『高き彼物』吉祥寺シアター(B2)2012.7.7(土)14時 どうしてもカトケン版と比べてしまうのですが…

劇53『高き彼物』吉祥寺シアター(B2)2012.7.7(土)14時 

同じ演目では、主人公の元教師が加藤健一、女教師は小泉今日子でしたが、
それも良かったのですが、やはり二人とも役者としても個性が強かったので(特にキョン2)、
どこかの地方の、とある先生という普通の感じが薄かったように思う。

それに比べると、石丸 謙二郎・金沢映子のお二人は、いかにもどこかの地方の先生っていう感じが出ている。
コピーであった「市井の片隅で、高くまっすぐに生きる。」そのものである。
自分が許せずに教師を辞めた実直さが、自然と伝わってくる。

物語として、長年の誤解が解けていくという展開が泣ける。
登場人物の死などによる安易な泣かせではない、ところがイイ。

主演の石丸謙二郎さんは、2時間ドラマの刑事役でよく観ましたけれど、
それより「世界の車窓から」のナレーションでお馴染みです。
私にとっては、デンライナーのオーナーですが。
しかし、つかこうへいの事務所にスカウトされたなんて、知りませんでした。
落ち着いた自然な演技が良かったです。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m
120707_164712

ala Collectionシリーズ vol.5『高き彼物』
作/演出:マキノノゾミ
出演:石丸 謙二郎、田中美里、品川徹、金沢映子、酒井高陽、細見大輔、藤村直樹
市井の片隅で、高くまっすぐに生きる。
劇の達人マキノノゾミの最高傑作。

« ポスター『編集手帳 読売新聞』東京メトロ駅構内 2012.05.17.撮影 | トップページ | 劇55『三谷版 櫻の園』PARCO劇場(K4)2012.7.8(日)14時 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポスター『編集手帳 読売新聞』東京メトロ駅構内 2012.05.17.撮影 | トップページ | 劇55『三谷版 櫻の園』PARCO劇場(K4)2012.7.8(日)14時 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト