無料ブログはココログ

最近の記事

最近のコメント

« 劇36『あかいくらやみ』シアターコクーン(2F-B27)2013.5.6(月) 舞台となる時代、時間を自在に移して描かれる因縁。迷い込んだ長い悪夢から覚めたような、それでいて希望も未来もあり・・・ | トップページ | 劇38『SADAKO-誕生悲話-』新国立劇場小劇場THE PIT(B3-13)2013/05/12(日)17時東京千秋楽 脚本:鈴木光司!「リング」の恐怖が舞台に…描ききれず、学生運動劇団物語になってた・・・。 »

2013年6月 6日 (木)

劇37『レミング』PARCO劇場(C23)2013.5.11(土)17時 心地よい幻夢…黒い紙吹雪…シュールでリズミカル

劇37『レミング』PARCO劇場(C23)2013.5.11(土)17時 心地よい幻夢…黒い紙吹雪…シュールでリズミカル

寺山作品と聞くと難解なイメージがあり敷居が高かったのですが、
俳優のステップによるリズムと
足踏みしながら前後運動したりすることと、
短い無意味なセリフの連続のリズムなどが重なり合い、
実に心地イイ初めての感覚。

130511_191531_3

映画内映画が、診療治療なのか、夢なのか…という多重構造。

常盤貴子が映画女優はなまめかしくスタイル良く、八嶋さんより確実に背が高く見えたのが、
学生服で少年を演じたときには背も低く華奢にみえ最初常盤さんと分らなかったのが不思議。
カテコで並ぶと八嶋さんより背が低かった!

シンプルな舞台装置に舞う「黒い紙吹雪」もかっこよく、
懐かしい夢から覚めるようなエンディングの感覚がとっても心地良くて、
演じている八嶋さん同様に自然と涙を流しながら夢から覚めるような感覚が素晴らしかった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m

130511_191442


130511_191559

« 劇36『あかいくらやみ』シアターコクーン(2F-B27)2013.5.6(月) 舞台となる時代、時間を自在に移して描かれる因縁。迷い込んだ長い悪夢から覚めたような、それでいて希望も未来もあり・・・ | トップページ | 劇38『SADAKO-誕生悲話-』新国立劇場小劇場THE PIT(B3-13)2013/05/12(日)17時東京千秋楽 脚本:鈴木光司!「リング」の恐怖が舞台に…描ききれず、学生運動劇団物語になってた・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 劇36『あかいくらやみ』シアターコクーン(2F-B27)2013.5.6(月) 舞台となる時代、時間を自在に移して描かれる因縁。迷い込んだ長い悪夢から覚めたような、それでいて希望も未来もあり・・・ | トップページ | 劇38『SADAKO-誕生悲話-』新国立劇場小劇場THE PIT(B3-13)2013/05/12(日)17時東京千秋楽 脚本:鈴木光司!「リング」の恐怖が舞台に…描ききれず、学生運動劇団物語になってた・・・。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト